米IBMとメタが新たなAI団体 オープンソース、東大慶大も参加

12/6 05:42
 ニューヨーク証券取引所に表示された米IBMのロゴ=2018年6月(ロイター=共同)

 米IBMとメタ(旧フェイスブック)は5日、誰でも自由に改変ができるオープンソースによる人工知能(AI)の開発を促進する団体の設立を発表した。世界の50を超える企業・団体が参加し、ソニーグループや東京大、慶応大が含まれる。

 安全性確保には透明性が高い開発が必要だと強調し、オープンソースとすることでAIのリスクを特定し、軽減するのに役立つと説明。今後、AIの責任ある開発のための評価基準を策定する。

 一方、生成AIの開発で先行している米新興企業のオープンAIやグーグル、マイクロソフト、アンソロピックの4社は高度AIの責任ある開発を支援する別の団体を立ち上げている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ニューヨーク証券取引所に表示された米IBMのロゴ=2018年6月(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]