米陸軍、大型ヘリ飛行停止 チヌーク火災の危険、自衛隊導入

8/31 07:50
 米陸軍の大型輸送ヘリコプターCH47チヌーク=4月、アラスカ州(米陸軍提供・AP=共同)

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は30日、米陸軍が大型輸送ヘリコプターCH47チヌークにエンジン火災の危険があるとして、保有する全機の飛行を停止したと報じた。念のための措置として70機以上を調べていると伝えた。チヌークは自衛隊も導入している。

 米軍機を巡っては、空軍が8月中旬、相次ぐ事故を理由に輸送機CV22オスプレイを飛行停止にしたと明らかにしている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 米陸軍の大型輸送ヘリコプターCH47チヌーク=4月、アラスカ州(米陸軍提供・AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]