「卓越した構想の持ち主」と称賛 米大統領、ゴルバチョフ氏業績に

8/31 11:57

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は30日、死去したゴルバチョフ元ソ連大統領について、米ソ両国の核軍縮に取り組み、民主的な改革を受け入れたと業績を評価し「卓越した構想の持ち主だった」とたたえる声明を発表した。

 声明はゴルバチョフ氏がレーガン元米大統領と核兵器の削減に向けて尽力し、軍拡競争の終結を望む世界中の人々に安心をもたらしたと指摘した。

 ゴルバチョフ氏が2009年にホワイトハウスを訪れた際に、米国とロシアの核兵器削減に関して長時間話し合ったと振り返り、大統領職を離れた後も「深く関与していた」と評価した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]