中国、米と「良好な雰囲気」必要 対話継続で一致、首脳会談も模索

9/24 16:15
 ブリンケン米国務長官(左)と握手を交わす中国の王毅国務委員兼外相=23日、米ニューヨーク(中国外務省のホームページより、共同)

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は23日、ブリンケン米国務長官との外相会談で「(米中の)正常な関係を回復させるための良好な雰囲気をつくる必要がある」と述べた。台湾問題で激しく対立する中でも、双方は対話継続で一致。バイデン大統領と習近平国家主席の直接会談の実現を模索し続ける方針だ。

 中国外務省によると、王氏は「中米関係を健全で安定した発展軌道へと戻さなければならない」と述べた。台湾問題では妥協できないとの立場を示したが「制度の異なる国家であることは協力の妨げにはならないし、中米対立の理由にするべきでもない」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ブリンケン米国務長官(左)と握手を交わす中国の王毅国務委員兼外相=23日、米ニューヨーク(中国外務省のホームページより、共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]