エチオピア紛争で停戦合意 アビー首相「約束は揺るぎない」

11/3 10:42
 アフリカ連合が仲介した和平交渉後、握手するエチオピア政府側代表(左)と反政府勢力側代表=プレトリア(AP=共同)

 【ナイロビ共同】エチオピア北部の紛争を巡り、和平交渉が行われた南アフリカの首都プレトリアで2日、エチオピア政府と反政府勢力の代表が停戦に合意した。合意を受けアビー首相は「和平に向けた約束は揺るぎない」とする声明を発表。反政府勢力側も合意を歓迎した。2020年11月から続いた紛争は大きな転換点を迎えた。

 ただ政府と組んで反政府勢力ティグレ人民解放戦線(TPLF)と戦闘を続けてきた隣国エリトリアは今回の交渉に参加しておらず、停戦合意の実効性を危ぶむ声がある。人権団体は双方の軍が市民虐殺といった戦争犯罪に関与したと指摘しており、和平プロセスは難航が予想される。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 アフリカ連合が仲介した和平交渉後、握手するエチオピア政府側代表(左)と反政府勢力側代表=プレトリア(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]