2022年9月30日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

川瀬知佐子、日活ロマンポルノで“SMプレイ”に初挑戦 高嶋政宏も絶賛「あえぎ声が最高」

“SMプレイ”に初挑戦した川瀬知佐子 (C)ORICON NewS inc.
 日活ロマンポルノ50周年記念プロジェクトの新企画『ROMAN PORNO NOW』祭りトークイベントが18日、都内で行われ、白石晃士監督作『愛してる!』に出演する川瀬知佐子、高嶋政宏(※高=はしごだか)が出席した。

【写真】「本当に感動しました」…川瀬知佐子の演技を絶賛した高嶋政宏

 50周年記念プロジェクトの一環として、現代のさまざまな生き方や個性を認め応援する、時代の「今」を切り取った『ROMAN PORNO NOW』では、松居大悟、白石、金子修介の3監督による3つの新作を上映する。

 『愛してる!』は、ホラー・サスペンスの名手である白石監督がSM作品に初挑戦。SMプレイで身も心も抗えないほど知らなかった快感に目覚めていく主人公・ミサを川瀬が熱演。SMを通して知られざる自分の本性があらわになり、解放されていくアイドルをポップに描いた。

 本作で初主演を飾った川瀬は「普通に演じるほかに縄とムチと、踊って踊って…。いろいろあったので撮影があっという間でした」と回想。未体験だったSMプレイにも体当たりで挑戦し「プロフェッショナルの方がサポートしてくださって何とか撮影することができた」と感謝した。

 自著『変態紳士』でSM好きをカミングアウトしている高嶋は、店の常連でミサをサポートする役どころを“本人役”で務めた。共演者として川瀬の熱演ぶりを「あえぎ声が最高なんですよ。一番やっちゃダメなのは、ムチを打たれてギャー!とか。脱ぐシークエンスというか、流れが自然で違和感がない。あえぎ声から脱ぐまでのプロセス、これは白石監督の演出も素晴らしく本当に感動しました」と絶賛した。

 イベントにはそのほか、『手』を手掛けた松居監督、キャストの福永朱梨、金子大地、『百合の雨音』を手掛けた金子監督、キャストの小宮一葉、花澄が出席した。
公開:2022-08-18 18:48
更新:2022-08-18 18:54
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩
[PR]
[PR]
[PR]