2022年10月7日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

新鍋理沙『オールドルーキー』にゲスト出演 栗原恵、狩野舞子らと初ドラマ

『オールドルーキー』の場面カット(C)TBS
 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(毎週日曜 後9:00)の第8話(21日放送)を彩る豪華アスリートゲストとして、元バレーボール女子日本代表の新鍋理沙が出演することが決定した。

【写真】豪華な顔ぶれ…栗原恵、狩野舞子、迫田さおりらが”役者”デビュー

 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。

 安定したサーブとレシーブでチームを支え、メダル獲得に貢献した新鍋は、2017年のアジア選手権では優勝してMVPに輝いた。

 第8話では新鍋のほか、同じく元バレーボール女子日本代表の栗原恵、迫田さおり、狩野舞子、江畑幸子が、田辺桃子演じる日本バレーボール界のトップ選手・古川舞のチームメイトを演じる。さらに元バレーボール男子日本代表監督の植田辰哉も出演する。

■第8話のあらすじ
塔子(芳根京子)が担当するバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)に、イタリアの強豪・トリエステから誘いがかかった。世界で活躍するまたとないチャンスだが、舞は移籍を断ると言う。

高柳(反町隆史)は何としても彼女を説得するように言うが、塔子は躊躇する。古川との付き合いから、彼女が断るのには何か大きな理由があるはずだと考えていたからだ。しかし、高柳はかほり(岡崎紗絵)を担当につけて、説得に乗り出す。

そして、塔子とかほりは新町(綾野剛)と共に練習場へ。舞はチームの練習後もアシスタントコーチの宮野紘也(大谷亮平)から個人練習を受けるほど熱心な選手で、3人は彼女のチームへの愛着を実感する。

そんな中、高柳がとった強硬手段により、塔子と舞の間にある変化が生まれる…。一方、レシピ本が人気の果奈子(榮倉奈々)に地方での講演依頼が舞い込み、新町は慣れない家事に奮闘していた…。
公開:2022-08-18 18:20
更新:2022-08-18 18:20
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD
[PR]
[PR]
[PR]