2022年9月30日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

霜降り・粗品、『ONE PIECE』最終回はゾロvsMr.1? せいやが大ツッコミ「アラバスタで止まってる!」

映画『ONE PIECE FILM RED』の「クラゲ海賊団」イベントに登場した霜降り明星(左から)せいや、粗品 (C)ORICON NewS inc.
 声優の田中真弓、俳優の山田裕貴、お笑いコンビの霜降り明星(粗品、せいや)が18日、都内で行われた人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(公開中)の「クラゲ海賊団」イベントに登場した。

【動画】『ONE PIECE』の名場面のせりふを生披露した田中真弓

 映画オリジナルキャラクターのクラゲ海賊団の船長・エボシ役を山田、ハナガサ役を粗品、カギノテ役をせいやが担当している。せいやは、公式YouTubeチャンネルでもONE PIECEに関するマニアックなクイズ動画を配信し、芸人の中でも1、2を争うほどのONE PIECEファンだが、粗品はアラバスタ編までしか読んでいないことを公言している。

 イベントの冒頭で、粗品は「実は最終回まで見てます」とニヤリとし「ゾロがMr.1を倒して」とアラバスタ編のネタをぶっこみ。せいやは「あれで終わらないんですよ。そのレベルじゃない。アラバスタで終わっているのは世界で、あなただけ。ベン・ベックマンに口撃たれて、だまっといてください」とツッコみ、山田も「21巻の話」と反応していた。

 本作のネタバレも解禁されている。粗品は「衝撃のアレもしゃべっていいんですか?」と壮大な前フリすると「クロコダイルの横にいたニコ・ロビンが仲間になってる。あれはスゴい」と力説。せいやから「お前だけや、アラバスタで止まってるのは!」と再び注意されていた。

 そして、思わぬサプライズも。ルフィ役の田中が、テレビアニメ『ONE PIECE』第1話のルフィ初登場シーンの樽から飛び出すシーンをオマージュした演出で登場した。田中に大喜びする山田&せいやに対し、粗品は「俺のロビンの話、どう思っていたんですか…」と暑い中、樽の中に潜んでいたことに対し、恐縮していた。

 シリーズ15作目、原作者・尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる『ONE PIECE FILM RED』は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。

 素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。

 この日の上映をもって、動員570万人、興収80億円を突破したことが発表された。これまでの映画『ONE PIECE』シリーズの最高興収は、2012年公開『ONE PIECE FILM Z』の興収68.7億円となっており、これを更新。また、最終興収137.5億円を記録し、公開11日間で興収58億円を突破した『劇場版 呪術廻戦 0』(2021年)も上回る数字となった。

公開:2022-08-18 20:42
更新:2022-08-19 14:27
ギャラリー
[PR]
[PR]
マイベストプロ
[PR]
[PR]
[PR]