2022年11月27日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

小芝風花、貞子のトラウマ明かす「夜トイレに…」 ポップな撮影現場で呪われず

貞子のトラウマを明かした小芝風花 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の小芝風花が28日、都内で行われたホラー映画『貞子DX(読み:ディーエックス)』(10月28日公開)の完成披露試写会に登場した。

【写真】恐怖…大量の貞子に囲まれる小芝風花、川村壱馬ら

 過去に松嶋菜々子、中谷美紀、池田エライザらが出演しているシリーズに主演する小芝は「本当にうれしかった。代々、いろんな方がやられてきている有名な作品にキャスティングしていただけて、本当に光栄に思いました」と感慨を口にする。

 しかし「怖いの苦手です…。『リング』とかは幼いころに見て、トラウマで夜にトイレ、1人で行けなくなるぐらい怖かった」と告白。それだけに「撮影中は呪われないように」と心がけたことを明かし、笑わせた。ただ、本作は、ポップな掛け合いも多く「撮影現場は和気あいあいとしていた(笑)。除霊とかは大丈夫そうでした」と笑顔で報告していた。

 「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描き、呪いがビデオを介して拡散されるという衝撃的な設定が世界中を震撼させた最恐ホラーの最新作。呪いのビデオから進化し、SNSで拡散され瞬く間に広まっていく貞子の呪い。24時間のタイムリミットがある中で、デジタル社会に適応し、“変異”した貞子の“呪い”の<謎>を解き明かすことはできるのか。

 イベントには、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、黒羽麻璃央、木村ひさし監督も参加した。
公開:2022-09-28 20:16
更新:2022-09-28 20:20
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]