2022年11月27日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

黒羽麻璃央、川村壱馬の“役とのギャップ”にときめく「どうにかなりそうでした」 小芝風花も秘話明かす

ホラー映画『貞子DX』の完成披露試写会に登場した(左から)川村壱馬、小芝風花、黒羽麻璃央 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の小芝風花、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、黒羽麻璃央が28日、都内で行われたホラー映画『貞子DX(読み:ディーエックス)』(10月28日公開)の完成披露試写会に登場した。

【動画】小芝風花のエピソードに赤面する川村壱馬

 貞子の呪いに立ち向かうIQ200の天才大学院生・一条文華(あやか)役を小芝、文華と共に呪いに挑む自称占い師・前田王司役を川村、協力者の感電ロイド役を黒羽が演じる。作品にかけ、撮影中の“拡散してほしい”エピソードを問われた黒羽は「川村さん、今回の作品ではモテなさそうなタイプの男の子を演じている。でも、ライブにご招待いただいて行った時に、ギャップでどうにかなりそうでした。これが、世に言うギャップか、と。カッコいいですね!」とメロメロになったそう。

 小芝も「今回、(川村と)はじめまして、で。ネットで調べると出てくる写真が強めの写真だった。怖い人だったらどうしよう、という印象があったんです」と第一印象を語る。それが「おはらいした時に玉串の動作を、前日の夜からスゴく練習してきていたみたいで(笑)。『ヒジを張った方がいいらしいですよ』って。この人、真面目だ!って思いました。ギャップを感じました」と暴露。川村は「そうだったな…。はず…」と赤面していた。

 「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描き、呪いがビデオを介して拡散されるという衝撃的な設定が世界中を震撼させた最恐ホラーの最新作。呪いのビデオから進化し、SNSで拡散され瞬く間に広まっていく貞子の呪い。24時間のタイムリミットがある中で、デジタル社会に適応し、“変異”した貞子の“呪い”の<謎>を解き明かすことはできるのか。

 イベントには、木村ひさし監督も参加した。

公開:2022-09-28 20:26
更新:2022-09-29 01:47
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]