2022年11月27日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

川村壱馬、ウザキャラも「笑って楽しんでいただけたら」 『貞子』シリーズ出演に喜び

ウザキャラ「楽しんで」と呼びかけたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE・川村壱馬 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が28日、都内で行われたホラー映画『貞子DX(読み:ディーエックス)』(10月28日公開)の完成披露試写会に登場した。

【動画】小芝風花のエピソードに赤面する川村壱馬

 『貞子』シリーズに出演が決まったことについて、川村は「衝撃でした。いろいろ役がある中で、ホラー映画のオファーをいただけると思っていなかったので。シンプルに、めちゃくちゃうれしかったです」と笑顔を見せた。

 貞子の呪いに立ち向かうIQ200の天才大学院生・一条文華(あやか)役を小芝風花、文華と共に呪いに挑む自称占い師・前田王司役を川村が演じる。予告編でもインパクトのあるキャラクターを演じているが川村は「ものすごいウザキャラ(笑)。笑って楽しんでいただけたら」と笑顔で呼びかけていた。

 「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描き、呪いがビデオを介して拡散されるという衝撃的な設定が世界中を震撼させた最恐ホラーの最新作。呪いのビデオから進化し、SNSで拡散され瞬く間に広まっていく貞子の呪い。24時間のタイムリミットがある中で、デジタル社会に適応し、“変異”した貞子の“呪い”の<謎>を解き明かすことはできるのか。

 イベントには、小芝、黒羽麻璃央、木村ひさし監督も参加した。

公開:2022-09-28 20:33
更新:2022-09-29 01:42
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]